会社案内

早野研工の「技・サービス」

早野研工の「技・サービス」

簡易金型(積層金型、ZAS型)を駆使した「絞り加工」とハンマーによる「叩き出し加工」の
組み合わせ技術に加え、「3次元レーザー」によるトリムカット、技術者による形状合わせと
一貫した「試作板金加工」が早野研工の得意技術です。

早野研工の加工技術

試作板金などは加工技術者の個々の技術レベルが製品の納期、品質に最も大きく
関係します。また、利用できる加工機やCADの種類と経験が顕著にものをいいます。

一つ一つの技術は専門としている業者には及ばなくても、様々な加工方法の融合した
複合技術を駆使してものづくりの工程を立案いたします。

簡単な絞り形状やR形状は叩き出しや手板金で作り出し、溶接などで作り上げます。
旋盤やMCでの加工が必要であればCAD・CAMを使って簡易金型を作り上げて
プレス加工で対応いたします。

単なる板金屋、プレス屋ではなく、また金型屋でもないその三者の技術と納期短縮で
利用できる工程を取り入れて加工することが試作板金の加工技術と考えております。

早野研工の「技・サービス」

早野研工の「技・サービス」

早野研工の「技・サービス」

製造サイドからのご提案を行います。

当社では製造サイドからのコストダウン提案を行います。お客様より現状の問題点を伺い、
当社からそれらを解決出来る内容の提案をさせていただきます。

さらに希望される品質、納期、価格をお聞きし、お客様に於いて変更しても大丈夫な
図面上の内容等を確認し、最終的に基本的な仕様を変更せず、求められる品質、
納期を守りながらコストダウンを実現させて参ります。

治具・金型を自社製作いたします。

当社では板金加工やプレス加工を主事業としていますが、治具の設計・製作や
金型の設計・製作も得意としています。

通常の加工会社は発注を受けてから他社に治具や金型製作を依頼し、
治具や金型完成後、自社で製品製造を行います。

そのため日数もかかりますし、仕様変更や製品製造過程で問題が生じたとき、
タイムロスが多く発生します。

当社では治具や金型の設計、製作、製品製造を一貫して行うことで、急な仕様変更や
製品製造過程で問題が起きても柔軟に対応することが可能です。

また金型設計段階で商品の量産まで見越し、コストダウン提案を行うことが可能です。